人質解放作戦失敗=過激派、2人を殺害―ナイジェリアの意味するところ

| コメント(0) | トラックバック(0)
「結果が出るまでやったから結果が出た」このような言葉をよく聞きます。何事も諦めたらそこで終わり。継続が結果を生むのですよね。

季節の変わり目にはいつも印象的なにおいを感じます。春なら草木の若い臭いや甘い風の臭い、秋ならしんなりした土のにおいとか、人ぞれぞれ感じるにお

さて、人質解放作戦失敗=過激派、2人を殺害―ナイジェリアについて今日仲間と話していました。その詳細を見て下さい。

人質解放作戦失敗=過激派、2人を殺害―ナイジェリア

英国とナイジェリアの特殊部隊などは8日、同国で昨年5月にイスラム過激派に誘拐された英国人とイタリア人の救出作戦を実施したが失敗、人質2人は過激派に殺害された。イタリアメディアなどが報じた。ロイター通信によると、2人を拘束していたのはイスラム過激派「ボコハラム」のメンバー。救出作戦では人質のいる家屋を急襲した特殊部隊と過激派との間で激しい銃撃戦になったという。過激派メンバーは全員死亡した
。(Yahoo!ニュースより)



考えされられることもありますね。このニュースはまた改めて追いかけてみます。

今月は公私共に何とか自分の計画の半分は実現させたいと思っていますが、どうなることやら。とりあえず少しでも進むように取り組んでみます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/170

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年3月10日 22:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メキシコ経営者が3年連続首位=フェイスブックCEOは35位―米誌長者番付について」です。

次のブログ記事は「出番なかった遠藤 ジーコ監督に恩返しを…成長見せつける!の考察」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja