KDDI、ミュージックビデオの視点を360度自由に変えられるスマホアプリ提供開始の意味するところ

| コメント(0) | トラックバック(0)
変わってきているのでしょうが、以前のままのように感じると何かホッとするものですね。



KDDI、ミュージックビデオの視点を360度自由に変えられるスマホアプリ提供開始についてはいろいろ意見があるかもしれません。皆さんはどうでしょうか?

KDDI、ミュージックビデオの視点を360度自由に変えられるスマホアプリ提供開始

KDDIは12日、“自由視聴点技術”をスマートデバイス向けに活用したアプリケーション「触れるミュージックビデオ『マルチビューオーケストラ』」を発表した。21日より提供を開始する。“自由視聴点技術”は、KDDI研究所が開発した、任意の視聴場所における見え方および聞こえ方を再現する技術。この技術を活用することで、任意の視点アングルからの視聴機能、メンバーのポジション移動機能、背景切り替え機能を実現した。アプリ「触れるミュージックビデオ『マルチビューオーケストラ』」は、A-Sketch所属アーティスト「ApplicatSpectra」(アプリキャットスペクトラ) の新曲「神様のすみか」の特別バージョンとなっている。(Yahoo!ニュースより)



さて、概略はこんなところですが、私はあとでもっとよく調べてみようと思います。

今日はこれで仕事を切り上げようと思います。目が疲れました。。。皆さんもPCにかじりついている方はたまに運動して下さいね!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/193

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年3月13日 22:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京株、午前終値は31円高の9960円 一時1万円突破も失速」です。

次のブログ記事は「バスジャック予告、中学生を書類送検=携帯型ゲーム機から投稿―警視庁」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja