「<自然エネルギー>「雪冷熱」に熱い期待」に関して

| コメント(0) | トラックバック(0)
何十年ぶりに同窓会であった人の中には、以前からとても変化して見える人と、全く変わっていないように見える人がいます。もちろん、内面的には誰もが

昨日ちょっと運動したら、とても気持ちよく頭の回転もいつもよりよくなった気がします。やはり適度な運動は仕事の効率アップになりますよね。わかって

ところで、今日ちょっと目についたのは、<自然エネルギー>「雪冷熱」に熱い期待についての話題です。いろいろと取沙汰されていますので、ついつい見てしまいます。

<自然エネルギー>「雪冷熱」に熱い期待

各地で記録的大雪となった今冬。豪雪地帯では、厄介者の雪を冷房、冷蔵などのエネルギーとして活用する研究が活気づいている。自然エネルギーへの期待が高まるなか、空からの贈り物が電力不足を救う日は来るか−−。◇木のチップかぶせ夏も保存 北海道内陸部の美唄市の雪原に、巨大な雪山が次々出現している。なかでも“総雪量”3200トン、底辺25メートル×43メートル、高さ6メートルの過去最大の研究雪山を手掛けるのは、産学官でつくる「美唄自然エネルギー研究会」。(Yahoo!ニュースより)



さっき仕事仲間から聞いた情報なんですが、ちゃんと読んでみるといろいろ気になることもありますね。

単独作業は、やはり日中よりも夜や早朝がいいですね。何よりも電話がかかってこない。他の用事が起こらない。遊んでしまうような誘惑も少ないです(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/240

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年3月19日 22:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「<火災>アパート半焼 子供の遺体発見 石川県加賀市の解読」です。

次のブログ記事は「「安全管理問題なかった」=工事受注会社など会見―潜水士3人死亡・大分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja