北ミサイル発射情報、Jアラートでの警報検討の解読

| コメント(0) | トラックバック(0)
先日初めて整体に行ってみたのですが、体がかなり歪んでいたようです(汗)。年齢的なものも大きいのですが、普段の生活習慣が深く関わっているようです。日常的に気をつけないと、いつかツケがまわってくるかもしれません。

最近、食べ物がおいしいと感じます。いや~よく食べますね~。まあ、体調が良いということなんだけど・・・・体重の増え方が気になります(汗)。

今日友人に北ミサイル発射情報、Jアラートでの警報検討について質問されたのですが、詳しく知らなかったので生返事(汗)。今後のために少し見ておこうと思います。

北ミサイル発射情報、Jアラートでの警報検討

藤村官房長官は26日午前の記者会見で、北朝鮮が「人工衛星」と称してミサイルの発射を予告したことを受け、発射情報を自治体に速報する「全国瞬時警報システム(Jアラート)」を活用する方向で検討していることを明らかにした。Jアラートは、内閣官房が緊急情報を発信すると、日本の人工衛星を経由して自治体の専用受信端末に1〜2秒後に届くシステムで_007年2月に運用が始まった。今は緊急地震速報に活用されている。受信端末は自治体の防災無線やケーブルテレビなどに接続されており、緊急情報に基づく警報が瞬時に流れる。(Yahoo!ニュースより)



北ミサイル発射情報、Jアラートでの警報検討についてはまだまだニュースが飛んでくるかもしれませんね。チェックしておきたいところです。

しかし、季節がめぐるのは早いですよね。このままではあっという間に年をとってしまいそうです(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/298

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年3月27日 07:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マー君、実戦復帰!152キロで山崎ねじ伏せたを読み解く」です。

次のブログ記事は「「NHN Japan、「LINE」アプリの登録者数が国内1000万人、世界で2500万人を突破」といえば」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja