真央3回転半で転倒…今季2番目の低得点「凄く悔しい」

| コメント(0) | トラックバック(0)
「結果が出るまでやったから結果が出た」このような言葉をよく聞きます。何事も諦めたらそこで終わり。継続が結果を生むのですよね。

以前聞いたことがあるんですが、人はこれまでの経験のほとんどを記憶しているとか。「思い出せない」というのは、「その記憶を引き出すきっかけがつかめないから」だそうです。自由に記憶を引き出せたら便利なことがあるかもしれませんね。

皆さんは真央3回転半で転倒…今季2番目の低得点「凄く悔しい」について知っていますか?まだ知らない方は以下をご覧さい。

真央3回転半で転倒…今季2番目の低得点「凄く悔しい」

◇フィギュアスケート世界選手権第4日(2012年3月29日 フランスニース) 女子ショートプログラム(SP)が行われ_年ぶり3度目の優勝を目指す浅田真央(21=中京大)は5949点と今季2番目の低スコアだった。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒し、得点が伸びず4位で発進した。アリョーナレオノワ(21=ロシア)が6461点でトップに立ち、村上佳菜子(17=中京大中京)が6267点で2位につけ、鈴木明子(27=邦和スポーツランド)は5938点で5位だった。(Yahoo!ニュースより)



これって、けっこう興味深いニュースですね。感想を述べるのは難しいん気がしますが。真央3回転半で転倒…今季2番目の低得点「凄く悔しい」については、しばらくの間、気になるような気がします。

最近映画館に行っていません。最近は音響も座席も、昔とは比べ物にならないほどいい劇場があるので、ともすると座席で眠ってしまいそうですが(笑)、やはり映画は大画面で見たいものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/316

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年3月30日 07:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本木さん夫妻が訴え取り下げ オセロ中島さんの家賃滞納 東京地裁と聞けば」です。

次のブログ記事は「五十嵐メジャー契約ならず 阪神獲得乗り出す可能性もの真相は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja