「ベッテルがライコネンとの接戦を制す! 可夢偉は13位=F1バーレーンGP決勝」に関して

| コメント(0) | トラックバック(0)
ニュースサイトというのは、いったいいつ原稿を書いているのでしょか。休みもなく一日中執筆者が書き続けているのでしょうか。そうでなければ毎日頻度高く発信できないですよね?一度舞台裏を拝見したいものです。

年金が我々の将来を養ってくれないことはニュースで見ての通りですが、それでも払い続けています。現在の払いは現在の高齢者を養っているとのこと。いわば自分の親世代を養っているのですから、それはそれで仕方がないとは思います。では、我々を将来養ってくれるのは・・・少子高齢化で労働力が減少するため、おそらく誰もいないでしょうね。

私はなかなか関心がなかったベッテルがライコネンとの接戦を制す! 可夢偉は13位=F1バーレーンGP決勝ですが、改めて見てみると意外と参考になることが多いようです。みなさんはどうですか?

ベッテルがライコネンとの接戦を制す! 可夢偉は13位=F1バーレーンGP決勝

2012年F1第4戦バーレーンGPが4月22日(日)、バーレーンインターナショナルサーキット(1周/5412km)で3日目を迎え、現地時間15時(日本時間21時)から行われた決勝で、セバスチャンベッテル(レッドブル)が今季初優勝を果たした。今季初のポールポジションからスタートしたベッテルがレースをリードする中、11番手スタートのキミライコネン(ロータス)が大きく順位を上げ、ベッテルと優勝を争う白熱の展開に。一時はライコネンがベッテルから1秒以内にまで迫ったものの、ベッテルが逃げ切って今季初優勝を果たした。(Yahoo!ニュースより)



これって、けっこう興味深いニュースですね。感想を述べるのは難しいん気がしますが。ベッテルがライコネンとの接戦を制す! 可夢偉は13位=F1バーレーンGP決勝については、しばらくの間、気になるような気がします。

単独作業は、やはり日中よりも夜や早朝がいいですね。何よりも電話がかかってこない。他の用事が起こらない。遊んでしまうような誘惑も少ないです(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/520

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年4月23日 20:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「青木、メジャー1号はランニング本塁打の解読」です。

次のブログ記事は「「こじはる“SNH48”誕生知らず「ビックリしてます」」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja