「脱走受刑者に懲役4年求刑=「治安への挑戦」と検察側―広島地裁」とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
雨が好きなとど言うと変わっていると思われるでしょうか。私は結構雨が好きです。ガラスを伝う雨、木々を受けて落ちる雨など見ていると結構癒されたりします。

いつも思うのですが、地震が来たとき、携帯のアラートが鳴らないことが多いですよね。やはり予報の察知よりも地震の発生スピードが速いからでしょうか?

今日友人に脱走受刑者に懲役4年求刑=「治安への挑戦」と検察側―広島地裁について質問されたのですが、詳しく知らなかったので生返事(汗)。今後のために少し見ておこうと思います。

脱走受刑者に懲役4年求刑=「治安への挑戦」と検察側―広島地裁

広島市中区の広島刑務所から脱走したとして、逃走や窃盗などの罪に問われた李国林被告(40)=中国籍、殺人未遂罪などで服役中=の論告求刑公判が10日、広島地裁(芦高源裁判長)であった。検察側は「脱走は国の拘禁制度と治安に対する挑戦で、予防の見地からも厳しい処罰が必要」として、李被告に懲役4年を求刑した。弁護側の最終弁論も行われ、結審した。判決は5月22日
。(Yahoo!ニュースより)



さて、概略はこんなところですが、私はあとでもっとよく調べてみようと思います。

単独作業は、やはり日中よりも夜や早朝がいいですね。何よりも電話がかかってこない。他の用事が起こらない。遊んでしまうような誘惑も少ないです(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/420

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年4月10日 20:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「復興庁発足2カ月 交付金 自治体ニーズと差 緊急性重視の研究」です。

次のブログ記事は「大韓航空に爆弾予告電話、ソウル便がカナダで緊急着陸の考察」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja