心房細動の新遺伝子6個発見=原因解明、新薬期待―日米欧チームに関する事柄

| コメント(0) | トラックバック(0)
何十年ぶりに同窓会であった人の中には、以前からとても変化して見える人と、全く変わっていないように見える人がいます。もちろん、内面的には誰もが変わってきているのでしょうが、以前のままのように感じると何かホッとするものですね。

いつも思うのですが、地震が来たとき、携帯のアラートが鳴らないことが多いですよね。やはり予報の察知よりも地震の発生スピードが速いからでしょうか?

心房細動の新遺伝子6個発見=原因解明、新薬期待―日米欧チームについてはいろいろ意見があるかもしれません。皆さんはどうでしょうか?

心房細動の新遺伝子6個発見=原因解明、新薬期待―日米欧チーム

心臓の不整脈の中で最も多い「心房細動」の発症に関連する遺伝子を新たに6個発見したと、理化学研究所や東京医科歯科大などの日米欧研究チームが29日付の米科学誌ネイチャージェネティクス電子版に発表した。欧米人の患者約1万2100人と健康な人のDNAを比較解析した成果で、関連遺伝子は過去に判明した3個と合わせ計9個となった。研究チームはさらに日本人患者約840人を調べ、9個中4個の遺伝子が日本人の場合でも発症に関与していることを確認した。(Yahoo!ニュースより)



読んでみると、なるほどなあと思うこともありますよね。まだこれから展開しそうなので気にしておくことにします。

ところで、住居を探すとき、できれば周辺の環境も調べられたら良いですね。例えば近くに工場があるとか、学校があるとか、目の前の道が裏道になっているとか・・・内見の時ちょっと見ただけではわからないことが、住んでみると意外と重要だったりしますよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/572

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年4月30日 20:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テリー伊藤 二股・塩谷瞬の“素顔”暴露「誰にでも“結婚しよう”って言う」の真相は?」です。

次のブログ記事は「「スー・チー氏、議員就任へ=宣誓拒否を撤回―ミャンマー」に関して」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja