復興庁発足2カ月 交付金 自治体ニーズと差 緊急性重視の研究

| コメント(0) | トラックバック(0)
ラッシュ時の移動を避けようとする人は結構いますよね。私もそのひとりです。

私にとっては、季節にはその都度特徴的な臭いがあります。その臭いをかいでいると、急に遠い昔のことを思い出すことがあります。子供の頃過ごしていたところ、近所の友達のこと、学校に行ったときのことなど。そのときは瞬時にタイムスリップしてしまいます。

復興庁発足2カ月 交付金 自治体ニーズと差 緊急性重視は改めて読んでみるといろいろ気付かされることが多いです。これからも少しチェックしてみようと思います。

復興庁発足2カ月 交付金 自治体ニーズと差 緊急性重視

東日本大震災の被災地復興の司令塔として発足後 ̄0日で2カ月を迎える復興庁が早くもつまずいている。被災自治体への「復興交付金」の事業計画をめぐり、査定する復興庁と申請する自治体の溝が深まっているためだ。すでに独自に事業を進める自治体も出る中、復興庁が自治体に歩みよる姿勢も見せており、今月4日に締め切られた2回目の事業計画の採否に注目が集まっている。「満画館」は独自予算 津波で壊滅した宮城県石巻市中心部に残る「石ノ森萬画館」をめぐり、先月26日の市議会で約7億5千万円の改修予算案が可決された。(Yahoo!ニュースより)



これをもっと調べると、興味深いことがわかってくるかもしれませんね。あとはインターネットやTVのニュースをチェックしてみて下さい。

今月は公私共に何とか自分の計画の半分は実現させたいと思っていますが、どうなることやら。とりあえず少しでも進むように取り組んでみます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/413

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年4月 9日 20:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「<安愚楽牧場>社長らを告訴…出資者6人を読み解く」です。

次のブログ記事は「「脱走受刑者に懲役4年求刑=「治安への挑戦」と検察側―広島地裁」とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja