「墜落前に空中分解か=残骸、広範囲に―パキスタン旅客機」といえば

| コメント(0) | トラックバック(0)
今年はようやく数年前から計画していた仕事にかかりました。なんとも時間がかかってしまいました。何事も「思いついたときにすぐにやる」これでちょうどいいくらいですよね(汗)。

昨今では、1日のうちに非常にたくさんのニュースが飛んできます。どれをチェックするのか、常に柔軟なアンテナを張っておきたいですよね。会話とかプレゼントか、何かの折に覚えておいたネタが出てくることがあるかも。

皆さんは墜落前に空中分解か=残骸、広範囲に―パキスタン旅客機のことを詳しく知っていますか?ちょっと読んでみると意外と興味を持つかもしれませんね。

墜落前に空中分解か=残骸、広範囲に―パキスタン旅客機

パキスタンの首都イスラマバード近郊で20日夜、同国ボジャエアーの旅客機が墜落し、乗客乗員127人全員が死亡した事故で、原因を調べている航空当局の調査担当幹部は時事通信の取材に、残骸が広範囲に散らばっている上、操縦席と尾翼部分など機体の一部が周辺に見当たらないことから、墜落前に何らかの原因で空中分解した可能性があると語った。事故当時、付近は悪天候だったと伝えられているが、事故との関係は不明。同当局者によれば、墜落15分前にはイスラマバード国際空港の管制官との連絡が途絶。(Yahoo!ニュースより)



う~ん、私はよく読んだことがなかったニュースです。もっと気をつけてチェックしておかないと、話題に乗り遅れるかも。

単独作業は、やはり日中よりも夜や早朝がいいですね。何よりも電話がかかってこない。他の用事が起こらない。遊んでしまうような誘惑も少ないです(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/503

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年4月21日 20:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「南北スーダン軍事衝突 岩崎統幕長「部隊任務に影響ない」」って」です。

次のブログ記事は「青木、メジャー1号はランニング本塁打の解読」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja