海南火力3号機停止=需給に当面問題なし―関西電の研究

| コメント(0) | トラックバック(0)
私は雨上がりは好きなのですが、それは日ごろのホコリが洗い流されたような気がするからでしょうか。まだ乾ききらない雨の湿り気が道に残っているのが心地よく、思わず散歩したくなります(笑)。私はちょっと変わっているのかもしれませんね。。。

年金が我々の将来を養ってくれないことはニュースで見ての通りですが、それでも払い続けています。現在の払いは現在の高齢者を養っているとのこと。いわば自分の親世代を養っているのですから、それはそれで仕方がないとは思います。では、我々を将来養ってくれるのは・・・少子高齢化で労働力が減少するため、おそらく誰もいないでしょうね。

ところで、今日ちょっと目についたのは、海南火力3号機停止=需給に当面問題なし―関西電についての話題です。いろいろと取沙汰されていますので、ついつい見てしまいます。

海南火力3号機停止=需給に当面問題なし―関西電

海南火力3号機停止=需給に当面問題なし―関西電  5月28日(月)13時2分配信 関西電力は28日、海南火力発電所3号機(和歌山県海南市、出力60万キロワット)の運転を、同日午前0時12分に停止したと発表した。27日午後8時10分ごろ、巡回点検中の作業員がボイラーからタービンに蒸気を送る配管付近で漏水を見つけたため。その後、配管から蒸気が漏れていることを確認したという。関電管内の28日の最大電力需要見通しは1920万キロワット。同3号機を除いた供給力は2181万キロワットで、供給余力が約12%あるため、関電は「当面の需給に問題はない」(広報室)としている。(Yahoo!ニュースより)



さっき仕事仲間から聞いた情報なんですが、ちゃんと読んでみるといろいろ気になることもありますね。

ところで、住居を探すとき、できれば周辺の環境も調べられたら良いですね。例えば近くに工場があるとか、学校があるとか、目の前の道が裏道になっているとか・・・内見の時ちょっと見ただけではわからないことが、住んでみると意外と重要だったりしますよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/789

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年5月28日 20:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「竹内洋岳さん26日にも登頂…14座目ダウラギリの真実」です。

次のブログ記事は「「“市民出資”でソーラー発電事業 ベンチャー・協議会 普及に力」とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja