初の商業打ち上げ成功=三菱重工H2A、韓国から受注―日本の水観測衛星も・種子島の真実

| コメント(0) | トラックバック(0)
気がついたらこんな季節。あっという間に月日は流れますね。ボーっとして日々過ごさないようにしたいです。今日はまだこれから仕事なんですが(涙)、ちょっと気分転換に投稿しています。

昔行った町が今ではすっかり変わってしまっている、ということがよくありますよね。想い出を記録するために、最近ではマメにデジカメ写真を撮っておくようにしています。

皆さんは初の商業打ち上げ成功=三菱重工H2A、韓国から受注―日本の水観測衛星も・種子島について知っていますか?まだ知らない方は以下をご覧さい。

初の商業打ち上げ成功=三菱重工H2A、韓国から受注―日本の水観測衛星も・種子島

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日午前1時39分、鹿児島県種子島宇宙センターからH2Aロケット21号機を打ち上げた。約16分後に韓国航空宇宙研究院の多目的衛星「アリラン3号」を分離し、地球を南北に周回する目標軌道への投入に成功した。H2Aは2007年の13号機から三菱重工に移管されており、アリラン3号は同社が初めて商業契約で打ち上げを請け負った。今回の成功で、日本の宇宙産業は1990年代から目指していた衛星打ち上げ市場への参入を果たした。(Yahoo!ニュースより)



まだまだ勉強不足でした。今後もたまにこのことに関心を向けてみるのもよさそうです。

明日は朝から会議です。はい、毎度のことで曜日も関係ないんです(涙)。この後もう少し準備しておかないと間に合いません。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/714

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年5月18日 20:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「小林幸子 和解不調 打つ手なしの現状「じっと耐えて何も語らず生きる」」は」です。

次のブログ記事は「<金環日食>観察グラスに一部不適切商品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja