USJに「ハリポタ」新エリア 26年後半オープンの意味するところ

| コメント(0) | トラックバック(0)
このサイトを見てくれている人は何歳ぐらいの方が多いのでしょうか。時々気になります。

季節の変わり目にはいつも印象的なにおいを感じます。春なら草木の若い臭いや甘い風の臭い、秋ならしんなりした土のにおいとか、人ぞれぞれ感じるにおいは違うのでしょうが。

USJに「ハリポタ」新エリア 26年後半オープンについては、これまでしっかり考えたことはありませんでした。何事にも関心を持っておいたほうが良いですよね。

USJに「ハリポタ」新エリア 26年後半オープン

米映画テーマパークの「ユニバーサルスタジオジャパン」(USJ、大阪市此花区)が、人気映画「ハリーポッター」をテーマとした新エリアを建設することが10日、わかった。投資額は》SJ開業以来最大となる約450億円で、平成26年後半のオープン予定。ハリーポッターの世界を忠実に再現し、主人公らが生活する魔法学校「ホグワーツ城」や「ホグズミード村」の店舗などが建設される。城の中を歩いたり乗り物に乗ったりして、ハリーポッターの世界を追体験できる。(Yahoo!ニュースより)



これをもっと調べると、興味深いことがわかってくるかもしれませんね。あとはインターネットやTVのニュースをチェックしてみて下さい。

さて、これから仕事再開です。効率よく仕事を終えて一杯やりたいです(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/643

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年5月10日 20:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一体改革法案が審議入り、小沢元代表グループが反対、成立見通せずの研究」です。

次のブログ記事は「政府の電力検証委、大飯原発稼動で関電の供給不足解消と試算と聞けば」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja