本国薄利“韓流ブーム”に疑問 日本市場「一極依存体質」浮き彫りの解読

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近では、インターネットの情報はより精度の高いものとなっています。組織が発信するニュースサイトでは現実のニュースが書かれ、個人に近いサイトではその人が体験したこと・聞いたことなどが信憑性高く書いてあります。いずれにしても、オリジナル記事を重視する方向に、サーチエンジンも向っているようですね。

このところ運動不足です。昔買ったダイエット用の器具を使うなど、何でもいいから少しでも行わないとと思いつつ、毎日が過ぎていっています(汗)。

今日友人に本国薄利“韓流ブーム”に疑問 日本市場「一極依存体質」浮き彫りについて質問されたのですが、詳しく知らなかったので生返事(汗)。今後のために少し見ておこうと思います。

本国薄利“韓流ブーム”に疑問 日本市場「一極依存体質」浮き彫り

韓国で、「韓流」ビジネスに対する疑問の声が持ち上がってきた。国を挙げたグローバルな拡販政策を展開してきたが、売上高の99%がアジア地域にとどまり、利益面でも韓国にそれほど貢献していない実態などが判明しているためだ。ブームは5年以内に終わるとの調査も出ており、韓国の“国威”がかかる韓流が岐路に立っている。韓国経済紙、毎日経済新聞が3月に開いた「第19回ビジョンコリア国民報告大会」で発表された報告書は、韓流が韓国経済にいかに貢献しているかを示した。(Yahoo!ニュースより)



詳しくはもっと調べてみようと思いますが、まずは概略はこんなところのようです。

明日はクライアントに提出物があるので、まだまだこれから頑張らないと。でも体が資本なので、適当なとことで休みますが。。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/676

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年5月13日 20:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「人権活動家・陳氏のおいを殺人容疑で逮捕=「報復が激化」と批判―中国」に関して」です。

次のブログ記事は「福見、ポスト谷襲名から10年!波乱大会Vで初五輪!…柔道の真実」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja