「小林幸子 和解不調 打つ手なしの現状「じっと耐えて何も語らず生きる」」は

| コメント(0) | トラックバック(0)
ニュースサイトというのは、いったいいつ原稿を書いているのでしょか。休みもなく一日中執筆者が書き続けているのでしょうか。そうでなければ毎日頻度高く発信できないですよね?一度舞台裏を拝見したいものです。

最近早朝に仕事を始めることがあります。何の邪魔も入らないので、とても集中できるんです。お昼ごろに眠くなるのが弱点ですが・・・(笑)。

私はなかなか関心がなかった小林幸子 和解不調 打つ手なしの現状「じっと耐えて何も語らず生きる」ですが、改めて見てみると意外と参考になることが多いようです。みなさんはどうですか?

小林幸子 和解不調 打つ手なしの現状「じっと耐えて何も語らず生きる」

事務所幹部解任騒動の渦中にある演歌歌手の小林幸子(58)が15日、高知市内でコンサートを開いた。開演1時間後。黒の着物に銀の帯を締めた小林は^4年のNHK紅白歌合戦で初の大トリを務めた際に披露した「雪椿(ゆきつばき)」(87年発表)を熱唱。歌い終えると神妙な表情で語りだした。「雪椿は私が生まれ育った新潟の県木。雪の中に咲くこの花は、雪が解けるまで決して枯れません。じっと耐えて、何も語らず生きる。私は雪椿のように生きていきたい」 芸能関係者を通じて元社長らに和解を申し入れたものの思うようにいかず、どうやって解決すべきか打つ手がない現状を「雪椿」に例えたとみられる発言。(Yahoo!ニュースより)



これをもっと調べると、興味深いことがわかってくるかもしれませんね。あとはインターネットやTVのニュースをチェックしてみて下さい。

ところで、住居を探すとき、できれば周辺の環境も調べられたら良いですね。例えば近くに工場があるとか、学校があるとか、目の前の道が裏道になっているとか・・・内見の時ちょっと見ただけではわからないことが、住んでみると意外と重要だったりしますよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/707

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年5月17日 20:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あやまん監督が格闘家デビューへ「ガチでKO狙う」」です。

次のブログ記事は「初の商業打ち上げ成功=三菱重工H2A、韓国から受注―日本の水観測衛星も・種子島の真実」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja