密漁が横行 価格高騰のシラスウナギ 食文化の危機の研究

| コメント(0) | トラックバック(0)
目覚めた瞬間にアイデアが浮かんでくることがありますが、メモしようとしているうちに消えてしまいます。こんなことってありますか?

小さな目標を立てるとき、簡単でもいいから紙に書き出してみるよいようですね。人はけっこう書かれたものに注目するので、まず自分自身に読ませるわけです。

皆さんは密漁が横行 価格高騰のシラスウナギ 食文化の危機について知っていますか?まだ知らない方は以下をご覧さい。

密漁が横行 価格高騰のシラスウナギ 食文化の危機

不漁のため価格が高騰しているシラスウナギの密漁が横行している。大阪府警が今月8日に元漁師の家族4人を摘発したが、第5管区海上保安本部(神戸市)は今年に入りすでに5人を摘発。漁業許可を出す自治体や海保に対する密漁通報も大幅に増えており、関係者からは乱獲による資源の枯渇を懸念する声が強まっている。シラスウナギは、国内では鹿児島〜宮城の太平洋側沿岸の河川に生息し、自治体の許可を得た漁師が捕獲、養殖業者や仲買人らに販売している。(Yahoo!ニュースより)



さて、概略はこんなところですが、私はあとでもっとよく調べてみようと思います。

さて、これから仕事再開です。効率よく仕事を終えて一杯やりたいです(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/750

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年5月23日 20:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年の若者失業、7460万人=欧州で高止まり―ILO予測の意味するところ」です。

次のブログ記事は「「香川、岡崎のゴールでアゼルバイジャンに勝利 宮市がデビュー=サッカー日本代表」といえば」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja