F35、米と4機契約=16年度に初導入―政府

| コメント(0) | トラックバック(0)
気がついたらこんな季節。あっという間に月日は流れますね。ボーっとして日々過ごさないようにしたいです。今日はまだこれから仕事なんですが(涙)、ちょっと気分転換に投稿しています。

小さな目標を立てるとき、簡単でもいいから紙に書き出してみるよいようですね。人はけっこう書かれたものに注目するので、まず自分自身に読ませるわけです。

今日友人にF35、米と4機契約=16年度に初導入―政府について質問されたのですが、詳しく知らなかったので生返事(汗)。今後のために少し見ておこうと思います。

F35、米と4機契約=16年度に初導入―政府

F35、米と4機契約=16年度に初導入―政府  6月29日(金)11時56分配信 政府は29日午前、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として2016年度に導入するF35について、米国防総省と正式契約を交わした。1機当たりの価格は約102億円。F35は開発の遅れから価格が高騰しており、契約単価は12年度予算に計上した単価99億円を上回った。政府は11年12月、FXとして3機種の中から米ロッキードマーチン社製のF35を選定。今回は16年度に初めて導入される4機分の契約で、日本政府は同社の提案書に基づき、価格と納期を厳守するよう米側に求めていた。(Yahoo!ニュースより)


う~ん、私はよく読んだことがなかったニュースです。もっと気をつけてチェックしておかないと、話題に乗り遅れるかも。

明日はクライアントに提出物があるので、まだまだこれから頑張らないと。でも体が資本なので、適当なとことで休みますが。。。

チェックキーワード: ペット:用品・宿・病院・お別れ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1110

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年6月30日 08:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小林幸子 謝罪も…「反省してます。でも、後悔はしてません」の最新情報」です。

次のブログ記事は「エルピーダ、米マイクロンが買収で合意について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja