対イラン、サイバー攻撃続行=米大統領、前政権から継承―NYタイムズの最新情報

| コメント(0) | トラックバック(0)
もうこんな時間です。仕事に戻る前にちょっと記事投稿です。気になるニュースがあるので忘れないうちに。

成功者の近くにいることで、その考え方・習慣・基準をあたりまえのように感じる。これが、自分が成功者になるためのひとつの手段と言います。どうでしょうか?

さて、対イラン、サイバー攻撃続行=米大統領、前政権から継承―NYタイムズについて今日仲間と話していました。その詳細を見て下さい。

対イラン、サイバー攻撃続行=米大統領、前政権から継承―NYタイムズ

対イラン、サイバー攻撃続行=米大統領、前政権から継承―NYタイムズ  6月2日(土)8時30分配信 1日付の米紙ニューヨークタイムズは、オバマ大統領がブッシュ前政権からイランのウラン濃縮施設に対するサイバー攻撃計画を継承し、2010年夏に攻撃の一端が明るみに出た後も、極秘に作戦続行を命じていたと報じた。イランでは10年、ナタンツのウラン濃縮施設のシステムがコンピューターウイルスに感染し、遠心分離機の一部が破損した。ウイルスは「スタクスネット」と名付けられ、米国とイスラエルが仕掛けたサイバー攻撃とみられていたが、米政府はこれを認めていない。(Yahoo!ニュースより)



友人から聞いた対イラン、サイバー攻撃続行=米大統領、前政権から継承―NYタイムズのことですが、確かに考えることが多いです。これについてまた友人と話してみようと思います。

明日は朝から会議です。はい、毎度のことで曜日も関係ないんです(涙)。この後もう少し準備しておかないと間に合いません。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/833

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年6月 2日 20:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NY株、大幅反落=欧州危機への懸念でについて」です。

次のブログ記事は「「アッコ再び大腸ポリープ手術」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja