サントリー、中国・青島ビールと合弁会社設立で交渉の研究

| コメント(0) | トラックバック(0)
古い日常的な領収書を眺めていると、「ああこの頃はこんなことをしてたんだっけ」「そういえばここにも行ったんだ」と、過去の行動を思い出して懐かしくなります。日々過ぎ去る想い出は、写真ばかりではなくこんなところにも現れるのだなあと感心します。いやそんなことよりも、申告のためになるべく溜めこまないで処理していかないといけません(汗)。

小さな目標を立てるとき、簡単でもいいから紙に書き出してみるよいようですね。人はけっこう書かれたものに注目するので、まず自分自身に読ませるわけです。

サントリー、中国・青島ビールと合弁会社設立で交渉については、これまでしっかり考えたことはありませんでした。何事にも関心を持っておいたほうが良いですよね。

サントリー、中国・青島ビールと合弁会社設立で交渉

サントリー、中国青島ビールと合弁会社設立で交渉  6月5日(火)9時58分配信 サントリーホールディングスは5日、中国ビール大手の青島ビール(山東省)と、早ければ年内の合弁会社設立に向けて交渉していることを明らかにした。ビール市場の拡大が見込まれる中国での事業展開を加速する。合弁会社はサントリー(中国表記三得利)や青島ビールのブランドで、ビールを共同生産、販売する。青島ビールは中国国内で華潤雪花ビール(北京市)に次ぐ第2位のシェアで、中国全土に販売網を持つ。(Yahoo!ニュースより)



ということで、チェックすべき情報ではないでしょうか。もう少し事の成り行きを見て見たいと思います。

明日はクライアントに提出物があるので、まだまだこれから頑張らないと。でも体が資本なので、適当なとことで休みますが。。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/878

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年6月 6日 20:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プレミアでは先輩の宮市「香川選手とともに一緒に盛り上げていきたい」のニュース」です。

次のブログ記事は「「あっちゃん、タモリの「AKB踏み台?」に苦笑」詳細」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja