「全員撤退」改めて否定=清水前社長、福島原発事故で―国会事故調の真実

| コメント(0) | トラックバック(0)
継続することとマメなこととは、切手も切り離せないですよね。マメな人を見ていると、しっかり継続力があり、継続力がある人を見ていると何事にも丁寧でマメだったりします。そんな人が結果を出せるのでしょうね。見習いたいものです。

物事の詳しいことは専門家に聞くのが一番ですよね。自分の周りにいろんな専門家がいたら助かります。そんな人間関係を気付いていけたら、何よりの財産になるでしょうね。

「全員撤退」改めて否定=清水前社長、福島原発事故で―国会事故調については、これまでしっかり考えたことはありませんでした。何事にも関心を持っておいたほうが良いですよね。

「全員撤退」改めて否定=清水前社長、福島原発事故で―国会事故調

「全員撤退」改めて否定=清水前社長、福島原発事故で―国会事故調  6月8日(金)17時13分配信 東京電力福島第1原発事故を検証する国会の事故調査委員会(黒川清委員長)は8日、東電の清水正孝前社長を参考人として招致した。事故直後、同原発からの「撤退」を申し出たとされる問題について、前社長は「一部の人間が残り、その上で作業をするという大前提の下で、その趣旨をお伝えした」と述べ、改めて全員撤退の意思はなかったと答えた。(Yahoo!ニュースより)



ということで、チェックすべき情報ではないでしょうか。もう少し事の成り行きを見て見たいと思います。

ウォーキングをするとき、なるべく歩幅を大きくするとよいでそうね。代謝が格段にアップするのと、骨盤の位置矯正にも役立つそうです。私もやってみます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/901

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年6月 8日 20:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「逃走に川崎駅利用せず=カメラに姿なし、広範囲に捜査―オウム高橋容疑者・警視庁の研究」です。

次のブログ記事は「2年間で2700人削減=資本提携は交渉継続―オリンパス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja