「<菊地容疑者>サリン製造方法など記したノート押収」とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
継続することとマメなこととは、切手も切り離せないですよね。マメな人を見ていると、しっかり継続力があり、継続力がある人を見ていると何事にも丁寧でマメだったりします。そんな人が結果を出せるのでしょうね。見習いたいものです。

物事の詳しいことは専門家に聞くのが一番ですよね。自分の周りにいろんな専門家がいたら助かります。そんな人間関係を気付いていけたら、何よりの財産になるでしょうね。

今日友人に<菊地容疑者>サリン製造方法など記したノート押収について質問されたのですが、詳しく知らなかったので生返事(汗)。今後のために少し見ておこうと思います。

<菊地容疑者>サリン製造方法など記したノート押収

<菊地容疑者>サリン製造方法など記したノート押収  6月21日(木)1時9分配信 地下鉄サリン事件で特別手配され殺人容疑などで逮捕されたオウム真理教(アレフに改称)の元信者、菊地直子容疑者(40)の自宅=相模原市=から、サリンの製造方法などを記したノートが押収されていたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は菊地容疑者がサリン製造に関わっていたことを示す貴重な証拠とみて、菊地容疑者から詳しく事情を聴く方針。(Yahoo!ニュースより)



さっき仕事仲間から聞いた情報なんですが、ちゃんと読んでみるといろいろ気になることもありますね。

さて、これから仕事再開です。効率よく仕事を終えて一杯やりたいです(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1039

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年6月22日 20:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「G20閉幕 欧州危機収束へ「あらゆる措置」要求を読み解く」です。

次のブログ記事は「<節電目標>10%に緩和…政府、大飯3号機再稼働での解読」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja