【宝塚記念】池添騎手「やっとこの馬のすごさを見せることができた」について

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近早朝に目覚ましをかけているのですが、どうも自分で何度か止めてしまっているようです(笑)。たまには音色の違うベルを用意するべきでしょうか?

以前聞いたことがあるんですが、人はこれまでの経験のほとんどを記憶しているとか。「思い出せない」というのは、「その記憶を引き出すきっかけがつかめないから」だそうです。自由に記憶を引き出せたら便利なことがあるかもしれませんね。

皆さんは【宝塚記念】池添騎手「やっとこの馬のすごさを見せることができた」のことを詳しく知っていますか?ちょっと読んでみると意外と興味を持つかもしれませんね。

【宝塚記念】池添騎手「やっとこの馬のすごさを見せることができた」

池添騎手「やっとこの馬のすごさを見せることができた」  6月24日(日)16時44分配信 「第53回宝塚記念」(G1、芝内2200メートル晴良16頭)は24日、阪神競馬場11Rで行われ、池添騎手騎乗の1番人気、オルフェーヴル(牡4=池江厩舎、父ステイゴールド、母オリエンタルアート)が馬群を割って差し切り、ルーラーシップに2馬身差をつけて優勝した。「やっとこの馬のすごさを見せることができた」と喜びを語った池添騎手。(Yahoo!ニュースより)



友人から聞いた【宝塚記念】池添騎手「やっとこの馬のすごさを見せることができた」のことですが、確かに考えることが多いです。これについてまた友人と話してみようと思います。

さて、これから仕事再開です。効率よく仕事を終えて一杯やりたいです(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1066

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年6月25日 20:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ギリシャ新首相ら相次ぎ「災難」のニュース」です。

次のブログ記事は「「缶詰バー」大都市で出店攻勢 新たに15店舗、熊肉など300類以上」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja