「群馬・館林で37.6度=17日も熱中症注意―気象庁」って

| コメント(0) | トラックバック(0)
やはり1日のうち何分かは、太陽にあたった方がよいですね。このところデスクにかじりついているので、のんびりと日光浴をしたことがありません。たまにしてみるとそれだけで何か癒されるような気がします(笑)。

物事の詳しいことは専門家に聞くのが一番ですよね。自分の周りにいろんな専門家がいたら助かります。そんな人間関係を気付いていけたら、何よりの財産になるでしょうね。

今日友人に群馬・館林で37.6度=17日も熱中症注意―気象庁について質問されたのですが、詳しく知らなかったので生返事(汗)。今後のために少し見ておこうと思います。

群馬・館林で37.6度=17日も熱中症注意―気象庁

群馬館林で37.6度=17日も熱中症注意―気象庁  7月16日(月)18時4分配信 3連休最終日の16日、日本列島は東北南部から西が太平洋高気圧に覆われて晴れた所が多く、群馬県館林市で全国最高37.6度を観測するなど今夏一番の猛暑となった。気象庁は17日も暑さが続くとして、熱中症に十分な注意を呼び掛けている。最高気温35度以上の猛暑日となった所は関東内陸部のほか、北陸から近畿北部、山陰の日本海側が多かった。15日から気温が下がりきらないうちに上がり、日本海側では南からの風が山を越えて温度が上がるフェーン現象が起きたという。(Yahoo!ニュースより)



これをもっと調べると、興味深いことがわかってくるかもしれませんね。あとはインターネットやTVのニュースをチェックしてみて下さい。

先週仕事のピークを過ぎたので、このところはちょっと落ち着いています。この隙に、いろいろ調べ物をしておかないと。。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1285

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年7月17日 20:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「砂浜に2年ぶり歓声=いわきの海水浴場で海開き―福島」詳細」です。

次のブログ記事は「「携帯契約数、60億件超=「世界人口の4分の3」―世銀」といえば」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja