「日本製エアコン快進撃 世界市場でも戦える「ダクトレス方式」」は

| コメント(0) | トラックバック(0)
先日初めて整体に行ってみたのですが、体がかなり歪んでいたようです(汗)。年齢的なものも大きいのですが、普段の生活習慣が深く関わっているようです。日常的に気をつけないと、いつかツケがまわってくるかもしれません。

電車などの時刻表を意識するかどうかは、その電車の本数や時間帯によるでしょうか。もうすぐ終電というと、しっかり時間を確認しますが、昼間で頻繁に電車が来る状態では、私の場合には意識しません。乗り過ごしてもまだすぐ来るだろうと思ってしまいます。これ、性格にもよるんでしょうかね。。。

ところで、今日ちょっと目についたのは、日本製エアコン快進撃 世界市場でも戦える「ダクトレス方式」についての話題です。いろいろと取沙汰されていますので、ついつい見てしまいます。

日本製エアコン快進撃 世界市場でも戦える「ダクトレス方式」

日本製エアコン快進撃世界市場でも戦える「ダクトレス方式」  7月7日(土)12時59分配信 省エネである日本型エアコンの「ダクトレス方式」が世界で注目されている(写真は6月上旬に大阪市内で行われたダイキン工業のエアコン節電イベント)=澤野貴信撮影(写真:産経新聞)  韓国勢が世界の家電市場を席巻する一方、日本メーカーの存在感が日ごとに低下している。こうした中で唯一、世界で快進撃を続けているのが日本製の「エアコン」だ。(Yahoo!ニュースより)



読んでみるとやはり知らなかったことが多いです。情報は広く浅く(いや、理想は広く深く)得ておきたいですね。

今月は公私共に何とか自分の計画の半分は実現させたいと思っていますが、どうなることやら。とりあえず少しでも進むように取り組んでみます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1182

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年7月 7日 20:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東電値上げ、圧縮示唆=公的支援など考慮―枝野経産相」です。

次のブログ記事は「<パナソニック>本社数百人規模に 7分の1に削減の最新情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja