痴漢の冤罪、もし疑われた時にはどのように対応すべきか

| コメント(0) | トラックバック(0)
皆さんお元気ですか?カゼなどひいていないでしょうか。

子供は何でも自分でやりたがる時期があるようです。そんなとき、自分でやる気持ちを大切にしてあげることが大事なようですね。「こうした方がうまくいく」と下手に手を出してしまうと、子供が自分でやる機会を奪ってしまうことがあるようです。

皆さんは痴漢の冤罪、もし疑われた時にはどのように対応すべきかについて知っていますか?まだ知らない方は以下をご覧さい。

痴漢の冤罪、もし疑われた時にはどのように対応すべきか

痴漢の冤罪、もし疑われた時にはどのように対応すべきか  7月27日(金)14時55分配信 無実の痴漢疑惑、正しい対応は もし身に覚えの無い痴漢の疑惑をかけられてしまった場合、どのように対応すべきなのだろうか。近年、痴漢の冤罪をテーマにした映画が上映されたり、報道番組で冤罪被害者のドキュメントが取り上げられるなどの影響によって、冤罪について関心をもった人は少なくないであろう。実際に冤罪にあわないよう、意識して行動している人もいるかもしれない。(Yahoo!ニュースより)



読んでみると、なるほどなあと思うこともありますよね。まだこれから展開しそうなので気にしておくことにします。

明日は早朝からミーティングです。時間に遅れないように目覚ましを2個ぐらいセットしておかないと(笑)。。。

鎌倉女子大学図書館 多摩美術大学附属図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1413

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年7月27日 22:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「完全復活を印象付けた澤、「合わせるって言ったじゃないですか」の考察」です。

次のブログ記事は「自民、「0増5減」法案を提出=委員会審議入りへに関する事柄」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja