「ビンラディン潜伏情報を提供=報奨20億円求め提訴―伊作家」とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
ラッシュ時の移動を避けようとする人は結構いますよね。私もそのひとりです。

先日区役所に行って来ました。最近の区役所は昔と違って対応が丁寧ですね。説明もきちんとしていて気持ちよく用事が済ませられました。

私はなかなか関心がなかったビンラディン潜伏情報を提供=報奨20億円求め提訴―伊作家ですが、改めて見てみると意外と参考になることが多いようです。みなさんはどうですか?

ビンラディン潜伏情報を提供=報奨20億円求め提訴―伊作家

ビンラディン潜伏情報を提近報奨20億円求め提訴―伊作家  8月4日(土)5時59分配信  昨年米軍により殺害された国際テロ組織アルカイダの首領ビンラディン容疑者の潜伏先情報を提供したと主張するイタリア人女性作家が、2500万ドル(約20億円)の報奨金を求め、米伊両政府を訴えたことが3日明らかになった。ANSA通信が報じた。来年5月にローマで第1回口頭弁論が開かれる予定という。この作家はメアリーペースさんで、裁判所に提出された資料によると、2003年8月にビンラディン容疑者がパキスタンの首都イスラマバード近郊のアボタバードを含む「30平方キロの範囲内」に潜んでいるとの情報を入手。(Yahoo!ニュースより)



友人から聞いたビンラディン潜伏情報を提供=報奨20億円求め提訴―伊作家のことですが、確かに考えることが多いです。これについてまた友人と話してみようと思います。

本格的に一冊の本を読むときには、最低5回は読み込む必要がある、ということを聞きます。まず全体を読んで、次に味わいながら読んで、さらに身に着けるように深く読んで・・・みたいに何度か続けて読み込むそうです。できるかな・・・。

婚活サイト比較 青森県立保健大学附属図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1543

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年8月 4日 22:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タンタウィ国防相ら7人留任=エジプト新政権が発足に関する事柄」です。

次のブログ記事は「ネイルしていても家事は可能か 益若つばさ記事きっかけに論争」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja