Android版Google翻訳が原文のカメラ入力に対応

| コメント(0) | トラックバック(0)
継続することとマメなこととは、切手も切り離せないですよね。マメな人を見ていると、しっかり継続力があり、継続力がある人を見ていると何事にも丁寧でマメだったりします。そんな人が結果を出せるのでしょうね。見習いたいものです。

昨日ちょっと運動したら、とても気持ちよく頭の回転もいつもよりよくなった気がします。やはり適度な運動は仕事の効率アップになりますよね。わかってはいるのですが。。。

Android版Google翻訳が原文のカメラ入力に対応は改めて読んでみるといろいろ気付かされることが多いです。これからも少しチェックしてみようと思います。

Android版Google翻訳が原文のカメラ入力に対応

Android版Google翻訳が原文のカメラ入力に対応  8月10日(金)12時24分配信 かなりモアレになっている液晶画面の撮影結果でも正しく認識する(白い下線部分が読み取れたテキスト)。いびつに明るくなっている部分は、指でなぞって選択した部分で、上の枠に選択したテキストが表示される 米GoogleのAndroid版「Google翻訳」が8月9日にアップデートし、カメラによるテキスト読み込みや“同時翻訳”など、幾つかの新機能が追加された。(Yahoo!ニュースより)



う~ん、私はよく読んだことがなかったニュースです。もっと気をつけてチェックしておかないと、話題に乗り遅れるかも。

本格的に一冊の本を読むときには、最低5回は読み込む必要がある、ということを聞きます。まず全体を読んで、次に味わいながら読んで、さらに身に着けるように深く読んで・・・みたいに何度か続けて読み込むそうです。できるかな・・・。

関西学院大学図書館 政策研究大学院大学附属図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1688

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年8月11日 22:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「万能秘書はどのサービス?――「Siri」「しゃべってコンシェル」「音声アシスト」を徹底比較」です。

次のブログ記事は「「ついに入籍の坂口良子、昨夏には決意「震災をきっかけにすごく考えた」」って」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja