同じパイロット関与 米・アフガンの墜落2事故の研究

| コメント(0) | トラックバック(0)
ラッシュ時の移動を避けようとする人は結構いますよね。私もそのひとりです。

最近、PCに向かっていると仕事の最中にどうしても他のページを見たくなる誘惑に駆られます。それで結局無駄な時間が過ぎてしまうのですが(笑)。

私はなかなか関心がなかった同じパイロット関与 米・アフガンの墜落2事故ですが、改めて見てみると意外と参考になることが多いようです。みなさんはどうですか?

同じパイロット関与 米・アフガンの墜落2事故

同じパイロット関与米アフガンの墜落2事故  8月5日(日)7時55分配信  米フロリダ州で6月に起きたオスプレイ墜落事故の操縦士は_010年4月にアフガニスタンで起きた墜落事故のさい、副操縦士を務めていたことが3日までの米軍事故調査委員会の調べで明らかになった。アフガンでの事故調査委員会の聴取で、操縦士は「墜落直前の30秒は覚えていない」と証言。事故調が後続機のカメラを分析した結果、墜落直前の17秒間、煙が立ちこめてエンジン故障の疑いが持たれたが原因究明には至らず、報告書では操縦ミスとされた。(Yahoo!ニュースより)



ここではこれ以上詳しくは触れませんが、興味のある方はご自分で調べてみて下さいね。もっと細部の情報が得られるかもしれません。

明日は朝から会議です。はい、毎度のことで曜日も関係ないんです(涙)。この後もう少し準備しておかないと間に合いません。。

青森県立保健大学附属図書館 京都光華女子大学図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1570

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年8月 6日 07:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「<東北道バス事故>バス運転手に逮捕状の考察」です。

次のブログ記事は「「「気仙沼方式」暗礁に 工務店が用地探し、集団移転誘導」とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja