エルピーダが地裁に更生計画案提出、米マイクロン傘下で再建についての考察

| コメント(0) | トラックバック(0)
「結果が出るまでやったから結果が出た」このような言葉をよく聞きます。何事も諦めたらそこで終わり。継続が結果を生むのですよね。

昔行った町が今ではすっかり変わってしまっている、ということがよくありますよね。想い出を記録するために、最近ではマメにデジカメ写真を撮っておくようにしています。

私はなかなか関心がなかったエルピーダが地裁に更生計画案提出、米マイクロン傘下で再建ですが、改めて見てみると意外と参考になることが多いようです。みなさんはどうですか?

エルピーダが地裁に更生計画案提出、米マイクロン傘下で再建

エルピーダが地裁に更生計画案提出、米マイクロン傘下で再建  8月21日(火)21時43分配信 8月21日、会社更生手続き中の半導体大手エルピーダメモリの管財人は更生計画案を東京地裁に提出した。写真は同社のチップ。都内で4月撮影(2012年ロイター/ToruHanai)  会社更生手続き中の半導体大手エルピーダメモリの管財人は期限となっていた21日に更生計画案を東京地裁に提出した。米半導体大手マイクロンテクノロジー<MUO>の子会社として再建を目指す案で、エルピーダは債権者の同意を得て今秋にも再建に着手したい意向だ。(Yahoo!ニュースより)



これをもっと調べると、興味深いことがわかってくるかもしれませんね。あとはインターネットやTVのニュースをチェックしてみて下さい。

長い間パソコンに向かってると腕が疲れてくるのは、椅子や机の高さが合っていないからでしょうか?ライティングは、わりといい感じと思うのですが。

金沢美術工芸大学附属図書館 大阪大谷大学・大阪大谷大学短期大学部図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1849

コメントする