健介&北斗、愛息子からの手紙でマラソン前から落涙について

| コメント(0) | トラックバック(0)
インターネット情報収集していると、驚くべき速さで答えがいつかることが多いです。しかし、その答えが正確かどうか、あるいはちゃんと根拠のあるものかどうかはよく見極めないといけないですね。

睡眠時無呼吸諸侯群の話ですが、寝ている間にCPAPという器具を付けるのですが、これがたいそうなものだそうです。口を閉じて、この装置から鼻呼吸だけを行うように強制して、その結果気道を確保するという方法らしいです。毎晩そのような装置を付けるのも、治療のためとはいえ大変ですよね。

皆さんは健介&北斗、愛息子からの手紙でマラソン前から落涙のことを詳しく知っていますか?ちょっと読んでみると意外と興味を持つかもしれませんね。

健介&北斗、愛息子からの手紙でマラソン前から落涙

健介&北斗、愛息子からの手紙でマラソン前から感涙  8月25日(土)19時49分配信 愛息子からの手紙でマラソン前から涙する健介&北斗夫妻(C)ORICONDD inc  プロレスラーの佐々木健介&北斗晶ファミリーが25日午後7時過ぎ、日本テレビ系『24時間テレビ35 愛は地球を救う』(8月2526日放送)チャリティーマラソンをスタートさせた。サプライズで長男健之介くんが佐々木と北斗に宛てた手紙を読み上げると、2人はマラソン前から号泣し、感動の涙を拭った。(Yahoo!ニュースより)



ここではこれ以上詳しくは触れませんが、興味のある方はご自分で調べてみて下さいね。もっと細部の情報が得られるかもしれません。

全く関係ない話題ですが、昔の人は、つまり電車や伊車のない時代の人は、全て徒歩で移動していたのですよね。馬もあったでしょうが、基本は徒歩だったでしょう。足腰が衰える暇もないほど、歩いていたのですね。現代人がいきなり当時の人と同じような距離を歩いたとしたら、体を痛めてしまうかもしれません。でも、歩くのは健康にはよいですよね。

足利工業大学附属図書館 宇部フロンティア大学附属図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1903

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年8月26日 07:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仕事のストレスで女性の糖尿病リスク2倍にの真相は?」です。

次のブログ記事は「<中3労災死>「職場体験」学校に甘さ 群馬・桐生の真実」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja