<中3労災死>「職場体験」学校に甘さ 群馬・桐生の真実

| コメント(0) | トラックバック(0)
帰り道でたまには一駅手前で下車して歩いてみるのもいいですよね。そのたびにはじめて見るものがある気がします。

子供にはいろいろ教えられると聞いてはいましたが、本当ですね。子供に何か教えようとすると、まず自分がしっかりしていないといけない。改めて勉強したり姿勢を正したりすることが多いです。

今日友人に<中3労災死>「職場体験」学校に甘さ 群馬・桐生について質問されたのですが、詳しく知らなかったので生返事(汗)。今後のために少し見ておこうと思います。

<中3労災死>「職場体験」学校に甘さ 群馬・桐生

<中3労災死>「職場体験」学校に甘さ群馬桐生  8月26日(日)11時23分配信  群馬県桐生市の工事現場で今月、アルバイトの栃木県足利市立西中学校3年、石井誠人さん(14)が事故死した。労働基準法は中学生の就労を原則禁じるが、学校は就労を容認し「職場体験」と位置づけていた。学校側は「教育的配慮」を主張するが「生徒指導の放棄」とも映る。中学生の死を追う。「陸上部に所属し、体育が得意」「授業中にAKB48の歌を歌ってみんなを笑わせる子」。(Yahoo!ニュースより)



まだまだ勉強不足でした。今後もたまにこのことに関心を向けてみるのもよさそうです。

ウォーキングをするとき、なるべく歩幅を大きくするとよいでそうね。代謝が格段にアップするのと、骨盤の位置矯正にも役立つそうです。私もやってみます。

高岡法科大学図書館 昭和女子大学図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1912

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年8月26日 22:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「健介&北斗、愛息子からの手紙でマラソン前から落涙について」です。

次のブログ記事は「「<韓国>竹島領有問題の共同提訴、今週初めにも拒否伝達」って」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja