規制委人事、採決先送りへ=例外規定で首相任命も

| コメント(0) | トラックバック(0)
皆さんお元気ですか?カゼなどひいていないでしょうか。

子供は何でも自分でやりたがる時期があるようです。そんなとき、自分でやる気持ちを大切にしてあげることが大事なようですね。「こうした方がうまくいく」と下手に手を出してしまうと、子供が自分でやる機会を奪ってしまうことがあるようです。

規制委人事、採決先送りへ=例外規定で首相任命もは改めて読んでみるといろいろ気付かされることが多いです。これからも少しチェックしてみようと思います。

規制委人事、採決先送りへ=例外規定で首相任命も

規制委人事、採決先送りへ=例外規定で首相任命も  8月30日(木)18時15分配信 原子力行政の安全規制を担う原子力規制委員会の委員長と委員計5人の国会同意人事案について、民主党は30日、今国会での採決を見送る方向で調整に入った。委員長候補の田中俊一氏に対し、党内に「原子力ムラの出身者だ」などとして撤回を求める声が強いためだ。委員会の発足期限が9月26日に迫っているため、委員会設置法に定められた例外規定を適用し、野田佳彦首相が任命するとの「苦肉の策」が浮上している。(Yahoo!ニュースより)



さて、このニュースの成り行きはまだ追いかけてみたいと思います。私のチェック未済の要素がありましたので。。

さて、これから仕事再開です。効率よく仕事を終えて一杯やりたいです(笑)。

國學院大學図書館 京都学園大学図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/1989

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年8月31日 22:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日朝2日目の政府間協議 拉致議題化の是非、北側が回答の考察」です。

次のブログ記事は「<自転車レーン>国交省が法令で規定検討…歩行者と分離促進の意味するところ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja