住民被ばく量、推計進まず=問診票回収、2割強で頭打ち―関心も低下・福島の最新情報

| コメント(0) | トラックバック(0)
電車やバスに乗っていると、たまに体の具合の悪い人が乗っています。そんな人が倒れそうになったり座り込んだりすると、意外と周りに人が助けてあげたりするものです。日本人は公共のコミュニケーションが苦手と言われることがありますが、それは人によるんですよね。

子供は何でも自分でやりたがる時期があるようです。そんなとき、自分でやる気持ちを大切にしてあげることが大事なようですね。「こうした方がうまくいく」と下手に手を出してしまうと、子供が自分でやる機会を奪ってしまうことがあるようです。

皆さんは住民被ばく量、推計進まず=問診票回収、2割強で頭打ち―関心も低下・福島のことを詳しく知っていますか?ちょっと読んでみると意外と興味を持つかもしれませんね。

住民被ばく量、推計進まず=問診票回収、2割強で頭打ち―関心も低下・福島

住民被ばく量、推計進まず=問診票回収、2割強で頭打ち―関心も低下福島  9月12日(水)11時4分配信 東京電力福島第1原発事故で、福島県が全県民を対象に行っている健康管理調査の外部被ばく線量の推計が難航している。算出された線量は今後数十年にわたる県の健康対策の基礎となるが、約206万人の対象者に送付した問診票の回収率は2割強で頭打ち。事故から1年半を経て住民の関心も低下しており、県は対応に苦慮している。調査では、昨年3月11日から7月11日までの行動を問診票に記入してもらい、4カ月間の被ばく線量を割り出す。(Yahoo!ニュースより)



考えされられることもありますね。このニュースはまた改めて追いかけてみます。

明日は早朝からミーティングです。時間に遅れないように目覚ましを2個ぐらいセットしておかないと(笑)。。。

筑紫女学園大学附属図書館 上武大学附属図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/2187

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年9月13日 22:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「寺島しのぶが第1子男児出産「生まれた奇跡に感謝」」とは」です。

次のブログ記事は「宮尾、世界王者&彼氏つかむ!八重樫と異例男女スパー…WBA女子世界Lミニマム級戦に関する事柄」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja