日航株、初値3810円=東証1部に再上場についての考察

| コメント(0) | トラックバック(0)
何十年ぶりに合った人に、当時から気になっていたことなどを尋ねると、意外となんでもなかったことがわかったりします。自分だけが思い込みで気にしていることがあるようです。そんなことがクリアになると、何か心の中を掃除した気分になります(笑)。

面倒くさいことを先延ばしにする癖がある私は、すべてにおいてスローモーのようです。一見のんびり屋とも受け取れますが、人生の中で見ると結構大きなツケが回ってきています(笑)。もっと若いころにやっておけばなんでもなかったことが、今やるととてもしんどいとか、あるいはもはやできないとか。やる時にやるべきことをやっておくのは大事だなあと、今更ながら思う私です。

私はなかなか関心がなかった日航株、初値3810円=東証1部に再上場ですが、改めて見てみると意外と参考になることが多いようです。みなさんはどうですか?

日航株、初値3810円=東証1部に再上場

日航株、初値3810円=東証1部に再上場  9月19日(水)9時7分配信 東証1部に株式を再上場した日本航空の株式の取引が19日、始まった。初値は売り出し価格3790円を20円上回る3810円となった。
。(Yahoo!ニュースより)



日航株、初値3810円=東証1部に再上場についてはまだまだニュースが飛んでくるかもしれませんね。チェックしておきたいところです。

ところで、住居を探すとき、できれば周辺の環境も調べられたら良いですね。例えば近くに工場があるとか、学校があるとか、目の前の道が裏道になっているとか・・・内見の時ちょっと見ただけではわからないことが、住んでみると意外と重要だったりしますよね。

北里大学図書館 敏感肌を乾燥から守るスキンケア 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/2285

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年9月20日 07:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最年少社長のリブセンス、東証1部へ=来月マザーズから昇格を読み解く」です。

次のブログ記事は「反日デモで日本製品ボイコット 民間にも対日経済制裁拡大か」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja