<末梢神経の痛み>原因の遺伝子発見 薬開発に期待の研究

| コメント(0) | トラックバック(0)
読んで下さっている方、いつもありがとうございます。なるべく定期的に書くつもりですので楽しみにして下さいね。

小さな目標を立てるとき、簡単でもいいから紙に書き出してみるよいようですね。人はけっこう書かれたものに注目するので、まず自分自身に読ませるわけです。

さて、<末梢神経の痛み>原因の遺伝子発見 薬開発に期待について今日仲間と話していました。その詳細を見て下さい。

<末梢神経の痛み>原因の遺伝子発見 薬開発に期待

<末梢神経の痛み>原因の遺伝子発見薬開発に期待  9月26日(水)10時25分配信  末梢(まっしょう)神経の痛みを引き起こす原因となる遺伝子を、国立成育医療研究センターなどのグループが発見した。ギランバレー症候群や糖尿病による手足の痛みの治療薬開発につながる可能性がある。25日付の米科学誌サイエンスシグナリング(電子版)に発表された。末梢神経の痛みやしびれは、神経を保護する髄鞘(ずいしょう)という組織が壊れて神経がむきだしになって起こる。(Yahoo!ニュースより)



とまあこういうことみたいですが、<末梢神経の痛み>原因の遺伝子発見 薬開発に期待についてはまた改めてチェックしてみたいと思います。

しかし、季節がめぐるのは早いですよね。このままではあっという間に年をとってしまいそうです(笑)。

九州保健福祉大学附属図書館 相愛大学 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/2392

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年9月27日 07:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「藤本美貴、ミニスカポリス姿で早くも第2子に意欲!に関する事柄」です。

次のブログ記事は「日中関係、対話で解決=インドネシア大統領に―野田首相」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja