ファミマ、中国1000店超え=20年8000店目指すについての考察

| コメント(0) | トラックバック(0)
ウォーキングをするとき、なるべく歩幅を大きくすると、通常のある気よりも格段にカロリーが消費されるということを聞いたことがありあります。今それを実行しているのですが、っちょっときつい坂道などは結構ハードです(笑)。きっと効果があるのでしょうね。

歩いていると、机に向かっているときよりもアイデアが浮かぶことがあります。人間運動しながらの方が頭が回転するのでしょうか?

ファミマ、中国1000店超え=20年8000店目指すは改めて読んでみるといろいろ気付かされることが多いです。これからも少しチェックしてみようと思います。

ファミマ、中国1000店超え=20年8000店目指す

ファミマ、中国1000店超え=20年8000店目指す  10月10日(水)21時0分配信 ファミリーマートは10日、中国での出店数が9月末時点で1005店になったと発表した。6月に進出した成都市で4店舗が反日デモの被害に遭ったが、今後も出店を加速させ、2015年に4500店、20年には8000店に引き上げる方針だ。ファミマは中国では現地の大手食品グループと合弁でコンビニ事業を展開。現時点では、新たに北京市や武漢市で出店を計画している。
。(Yahoo!ニュースより)



友人から聞いたファミマ、中国1000店超え=20年8000店目指すのことですが、確かに考えることが多いです。これについてまた友人と話してみようと思います。

皆さんは洋食と和食だとしたら、どちらがお好きですか?私は、若いころは洋食でしたが(笑)、ここ十数年来は和食が好きです。よくあるパターンですよね。年齢とともにあっさりしたものが好きになっていくというのは。最近では、ヨーロッパなどでも和食の良さが見直されているようです。新鮮さ、カロリーの低さ、栄養の良さ、そして、(しっかりしたお店の和食でしょうが)盛り付けの写し差などです。健康に気を使う現代において、確かに和食は誇れる文化なのかもしれませんね。

亜細亜大学図書館 愛媛大学図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/2611

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年10月11日 22:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベネズエラ チャベス大統領4選 バラマキ政策に中間層から反発」です。

次のブログ記事は「1500人に医療行為の疑い=成り済ましの男を追送検―警視庁の解読」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja