原子力大綱、策定取りやめ=エネルギー戦略受け―原子力委の考察

| コメント(0) | トラックバック(0)
先日初めて整体に行ってみたのですが、体がかなり歪んでいたようです(汗)。年齢的なものも大きいのですが、普段の生活習慣が深く関わっているようです。日常的に気をつけないと、いつかツケがまわってくるかもしれません。

私にとっては、季節にはその都度特徴的な臭いがあります。その臭いをかいでいると、急に遠い昔のことを思い出すことがあります。子供の頃過ごしていたところ、近所の友達のこと、学校に行ったときのことなど。そのときは瞬時にタイムスリップしてしまいます。

原子力大綱、策定取りやめ=エネルギー戦略受け―原子力委については、これまでしっかり考えたことはありませんでした。何事にも関心を持っておいたほうが良いですよね。

原子力大綱、策定取りやめ=エネルギー戦略受け―原子力委

原子力大綱、策定取りやめ=エネルギー戦略受け―原子力委  10月1日(月)18時24分配信 内閣府原子力委員会(近藤駿介委員長)は、今後の原子力利用の基本方針となる原子力政策大綱を策定しない方針を固めた。2日の原子力委の定例会議で、有識者で構成する「新大綱策定会議」の廃止を決定する見通し。政府は9月に策定した革新的エネルギー環境戦略で、新たな原子力政策は関係閣僚による「エネルギー環境会議」で確立し、原子力委については廃止改編を含め抜本的に見直す方針を打ち出していた。(Yahoo!ニュースより)



これをもっと調べると、興味深いことがわかってくるかもしれませんね。あとはインターネットやTVのニュースをチェックしてみて下さい。

最近映画館に行っていません。最近は音響も座席も、昔とは比べ物にならないほどいい劇場があるので、ともすると座席で眠ってしまいそうですが(笑)、やはり映画は大画面で見たいものです。

マンツーマンでネイティブ英会話 大阪市立大学学術情報総合センター(ライブラリーサービス) 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/2479

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年10月 3日 07:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「エレファントカシマシ、宮本浩次難聴でライブ活動休止」といえば」です。

次のブログ記事は「やっぱり、浩二ジャパン!10日誕生…WBC監督問題決着を読み解く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja