大滝秀治さん、棺には赤塚不二夫さん著「これでいいのだ」の研究

| コメント(0) | トラックバック(0)
目覚めた瞬間にアイデアが浮かんでくることがありますが、メモしようとしているうちに消えてしまいます。こんなことってありますか?

このページを読んで下さっている方は、ご自分でも随時ニュースをチェックしているのでしょうか。忙しい毎日でも情報収集は欠かせませんよね。

大滝秀治さん、棺には赤塚不二夫さん著「これでいいのだ」については、これまでしっかり考えたことはありませんでした。何事にも関心を持っておいたほうが良いですよね。

大滝秀治さん、棺には赤塚不二夫さん著「これでいいのだ」

大滝秀治さん、枕元には常に台本…棺には赤塚不二夫さん著「これでいいのだ」  10月6日(土)6時58分配信 デイリースポーツのインタビューに答える大滝秀治さん=03年1月、東京エビススタジオ  舞台、映画、ドラマと幅広いジャンルで活躍した俳優大滝秀治(おおたきひでじ)さんが2日午後3時17分、肺へん平上皮がんのため、都内の自宅で亡くなっていたことが5日、分かった。87歳。1948年に劇団の養成所に入ってから俳優一筋64年で、高倉健(81)と共演した「あなたへ」(公開中)が遺作となった。(Yahoo!ニュースより)



こんなところですが、知っていましたか?もっと知りたい方はご自分で調べてみて下さいね。

ところで、住居を探すとき、できれば周辺の環境も調べられたら良いですね。例えば近くに工場があるとか、学校があるとか、目の前の道が裏道になっているとか・・・内見の時ちょっと見ただけではわからないことが、住んでみると意外と重要だったりしますよね。

京都教育大学附属図書館 岐阜経済大学図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/2544

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年10月 7日 07:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大滝秀治さん物まね 関根勤「本当の父親と時間を過ごしているようでした」の最新情報」です。

次のブログ記事は「竹島接近 日本側は事前通知 「韓国の抗議、言いがかり」についての考察」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja