<山中氏ノーベル賞>国内外に広がる研究 異例6年で受賞

| コメント(0) | トラックバック(0)
皆さんお元気ですか?カゼなどひいていないでしょうか。

いつも思うのですが、地震が来たとき、携帯のアラートが鳴らないことが多いですよね。やはり予報の察知よりも地震の発生スピードが速いからでしょうか?

<山中氏ノーベル賞>国内外に広がる研究 異例6年で受賞は改めて読んでみるといろいろ気付かされることが多いです。これからも少しチェックしてみようと思います。

<山中氏ノーベル賞>国内外に広がる研究 異例6年で受賞

<山中氏ノーベル賞>国内外に広がる研究異例6年で受賞  10月9日(火)7時0分配信 2008年に開かれた毎日新聞社主催のシンポジウムで握手する山中教授(左端)とガードン氏(右端)。中央はクローン羊を作ったウィルムット氏=東京都渋谷区で2008年4月15日、佐々木順一撮影  日本人として25年ぶりとなるノーベル医学生理学賞を京都大iPS細胞研究所の山中伸弥同大教授(50)が受賞することが決まり、日本の科学技術力の高さが改めて証明された。(Yahoo!ニュースより)



さて、概略はこんなところですが、私はあとでもっとよく調べてみようと思います。

全く関係ない話題ですが、昔の人は、つまり電車や伊車のない時代の人は、全て徒歩で移動していたのですよね。馬もあったでしょうが、基本は徒歩だったでしょう。足腰が衰える暇もないほど、歩いていたのですね。現代人がいきなり当時の人と同じような距離を歩いたとしたら、体を痛めてしまうかもしれません。でも、歩くのは健康にはよいですよね。

ほけんの窓口店舗体験 聖カタリナ大学附属図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/2593

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年10月10日 22:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「安藤美姫が今季GPシリーズを欠場…後任コーチ見つからずを読み解く」です。

次のブログ記事は「ベネズエラ チャベス大統領4選 バラマキ政策に中間層から反発」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja