ベネズエラ チャベス大統領4選 バラマキ政策に中間層から反発

| コメント(0) | トラックバック(0)
帰り道でたまには一駅手前で下車して歩いてみるのもいいですよね。そのたびにはじめて見るものがある気がします。

ダイエットについて言えば、毎日の少しずつの気遣いが功を奏するようです。極端な対策や急激な食事療法などは、かえって体に負担をかけて、ともすればリバウンドを招くようです。少しずつ着実に、そして継続することがが大切なようですね。

ベネズエラ チャベス大統領4選 バラマキ政策に中間層から反発についてはいろいろ意見があるかもしれません。皆さんはどうでしょうか?

ベネズエラ チャベス大統領4選 バラマキ政策に中間層から反発

ベネズエラチャベス大統領4選 バラマキ政策に中間層から反発  10月10日(水)7時55分配信 チャベス政権からの新居の“プレゼント”を喜ぶアムラビアルバラドさん親子=カラカスカティア地区(写真:産経新聞)  チャベス大統領の4選が決まった南米ベネズエラ。住宅の無償提供など、手厚い福祉政策の恩恵に浴してきた低所得者層からの圧倒的な支持が勝因となった。豊富な原油と原油価格高騰を背景にしたチャベス政権流の“バラマキ”だが、高失業率や物価高に苦しむ中産階級からは、「国の富」を平等に使うべきだとの批判の声が上がっている。(Yahoo!ニュースより)



読んでみると、なるほどなあと思うこともありますよね。まだこれから展開しそうなので気にしておくことにします。

明日は朝から会議です。はい、毎度のことで曜日も関係ないんです(涙)。この後もう少し準備しておかないと間に合いません。。

神戸親和女子大学附属図書館 愛知学泉大学図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/2602

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年10月11日 07:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「<山中氏ノーベル賞>国内外に広がる研究 異例6年で受賞」です。

次のブログ記事は「ファミマ、中国1000店超え=20年8000店目指すについての考察」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja