「切り絵作家の成田一徹さん死去 バーの魅力、丹念に表現」って

| コメント(0) | トラックバック(0)
目覚めた瞬間にアイデアが浮かんでくることがありますが、メモしようとしているうちに消えてしまいます。こんなことってありますか?

季節の変わり目にはいつも印象的なにおいを感じます。春なら草木の若い臭いや甘い風の臭い、秋ならしんなりした土のにおいとか、人ぞれぞれ感じるにおいは違うのでしょうが。

皆さんは切り絵作家の成田一徹さん死去 バーの魅力、丹念に表現のことを詳しく知っていますか?ちょっと読んでみると意外と興味を持つかもしれませんね。

切り絵作家の成田一徹さん死去 バーの魅力、丹念に表現

切り絵作家の成田一徹さん死去バーの魅力、丹念に表現  10月15日(月)11時18分配信 神戸のバーを切り絵にした作品=「TO THE BAR 日本のBAR74選」(朝日文庫)から  成田 一徹さん(なりたいってつ=切り絵作家、本名成田徹〈なりたとおる〉)が14日、脳内出血で死去ゞ3歳。通夜葬儀は親族のみで行う。後日、お別れの会を開く。神戸出身。バーの多彩な魅力に取り付かれ、バーを表現することをライフワークにした。(Yahoo!ニュースより)



こんなところですが、知っていましたか?もっと知りたい方はご自分で調べてみて下さいね。

単独作業は、やはり日中よりも夜や早朝がいいですね。何よりも電話がかかってこない。他の用事が起こらない。遊んでしまうような誘惑も少ないです(笑)。

愛媛県立医療技術大学図書館・愛媛県立医療技術短期大学図書館 ビデオカメラレンタル 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/2688

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年10月16日 22:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メンバー不祥事のソーセージが解散 新コンビ「アキナ」で再始動の真実」です。

次のブログ記事は「中国漁船員が死亡 不法操業取り締まり中に=韓国の研究」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja