<青酸カリ>1500人の致死量相当、路上で発見 千葉での解読

| コメント(0) | トラックバック(0)
仕事を乗り越えてようやく書込みの時間です。我が家に帰ってきたような気分です(笑)。

このページを読んで下さっている方は、ご自分でも随時ニュースをチェックしているのでしょうか。忙しい毎日でも情報収集は欠かせませんよね。

さて、<青酸カリ>1500人の致死量相当、路上で発見 千葉でについて今日仲間と話していました。その詳細を見て下さい。

<青酸カリ>1500人の致死量相当、路上で発見 千葉で

<青酸カリ>1500人の致死量相当、路上で発見千葉で  10月31日(水)20時43分配信 青酸カリや硫酸は側溝の蓋(写真中央下)の上に置かれていた=千葉県松戸市で2012年10月31日、橋口正撮影  千葉県松戸市上本郷の路上で10月22日、不審なプラスチック容器1個とガラス瓶2本が見つかり、県警の調べで、内容物がシアン化カリウム(青酸カリ)と硫酸だったことが分かった。県警松戸署が31日発表した。(Yahoo!ニュースより)



さっき仕事仲間から聞いた情報なんですが、ちゃんと読んでみるといろいろ気になることもありますね。

全く関係ない話題ですが、昔の人は、つまり電車や伊車のない時代の人は、全て徒歩で移動していたのですよね。馬もあったでしょうが、基本は徒歩だったでしょう。足腰が衰える暇もないほど、歩いていたのですね。現代人がいきなり当時の人と同じような距離を歩いたとしたら、体を痛めてしまうかもしれません。でも、歩くのは健康にはよいですよね。

大手前大学・大手前短期大学図書館 首都大学東京図書情報センター日野館> 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/2924

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年11月 1日 07:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「阪神・球児がロス入り 球団施設見学、代理人と打ち合わせへの解読」です。

次のブログ記事は「安倍自民総裁への脅迫メール、送信元のパソコン特定 警視庁の研究」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja