引率の元非常勤講師に有罪判決 スキー実習死亡事故の真相は?

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日の仕事は手ごわかった。今、やっと家でくつろいでいるところです。

以前聞いたことがあるんですが、人はこれまでの経験のほとんどを記憶しているとか。「思い出せない」というのは、「その記憶を引き出すきっかけがつかめないから」だそうです。自由に記憶を引き出せたら便利なことがあるかもしれませんね。

さて、引率の元非常勤講師に有罪判決 スキー実習死亡事故について今日仲間と話していました。その詳細を見て下さい。

引率の元非常勤講師に有罪判決 スキー実習死亡事故

引率の元非常勤講師に有罪判決スキー実習死亡事故  11月3日(土)0時52分配信  長野県小谷村の栂池高原スキー場で2008年、スキー実習中だった愛知大学の女子学生2人が雪崩で死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた元愛知大非常勤講師、沢田和明被告(65)の判決公判が2日、長野地裁松本支部であった。二宮信吾裁判官は「立ち入り禁止だったコースに進入し_人の命を奪った結果は重大」として、禁錮3年執行猶予4年(求刑禁錮3年)を言い渡した。(Yahoo!ニュースより)



さっき仕事仲間から聞いた情報なんですが、ちゃんと読んでみるといろいろ気になることもありますね。

今日はこれで仕事を切り上げようと思います。目が疲れました。。。皆さんもPCにかじりついている方はたまに運動して下さいね!

大阪大学附属図書館 愛知大学図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/2955

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年11月 3日 07:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「<東山動物園>40歳のゴリラ国内最高齢出産 父親は16歳の説明」です。

次のブログ記事は「虎、オリックス日高獲り!FA“捕”強もCランクで補償なしのニュース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja