浩二監督、イチローのWBC辞退を覚悟についての考察

| コメント(0) | トラックバック(0)
今年はようやく数年前から計画していた仕事にかかりました。なんとも時間がかかってしまいました。何事も「思いついたときにすぐにやる」これでちょうどいいくらいですよね(汗)。

さらにダイエットのお話ですが、外食の時にランチを食べたとして、サラダにかかっているドレッシングやマヨネーズって、結構カロリーが高いことありますよね。ドレッシングをかけないで下さいと言わないと、かかって出てくることがほとんどです。ウチでは、塩とオリーブオイルだけかけたりしています。これが低カロリー名だけではなく、おいしいんですよね。皆さんもお試しあれ。

今日友人に浩二監督、イチローのWBC辞退を覚悟について質問されたのですが、詳しく知らなかったので生返事(汗)。今後のために少し見ておこうと思います。

浩二監督、イチローのWBC辞退を覚悟

浩二監督、イチローのWBC辞退を覚悟  11月18日(日)8時1分配信 侍ジャパンの山本浩二監督(66)は17日」BC辞退が濃厚となっているイチロー外野手(39)=ヤンキースからFA=の意思を尊重する考えを明かした。山本監督は、侍ジャパン特別顧問の王貞治球団会長(72)が16日にイチローの参加問題について「我々の手の届くところじゃない」と発言したことに同調。「王さんの言う通りじゃないかな。こちらからどうこうする話ではない。(Yahoo!ニュースより)



これって、けっこう興味深いニュースですね。感想を述べるのは難しいん気がしますが。浩二監督、イチローのWBC辞退を覚悟については、しばらくの間、気になるような気がします。

さて、これから仕事再開です。効率よく仕事を終えて一杯やりたいです(笑)。

共栄大学・共栄学園短期大学図書館 金沢医科大学図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/3199

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年11月19日 07:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オバマ氏再選の裏にアマゾンの力――2012年米大統領選を支えたクラウド基盤と聞けば」です。

次のブログ記事は「ロボ飛行機、災害現場を撮って自動帰還 宇宙機構が開発」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja