ロボ飛行機、災害現場を撮って自動帰還 宇宙機構が開発

| コメント(0) | トラックバック(0)
今年はようやく数年前から計画していた仕事にかかりました。なんとも時間がかかってしまいました。何事も「思いついたときにすぐにやる」これでちょうどいいくらいですよね(汗)。

ダイエットについて言えば、毎日の少しずつの気遣いが功を奏するようです。極端な対策や急激な食事療法などは、かえって体に負担をかけて、ともすればリバウンドを招くようです。少しずつ着実に、そして継続することがが大切なようですね。

私はなかなか関心がなかったロボ飛行機、災害現場を撮って自動帰還 宇宙機構が開発ですが、改めて見てみると意外と参考になることが多いようです。みなさんはどうですか?

ロボ飛行機、災害現場を撮って自動帰還 宇宙機構が開発

ロボ飛行帰災害現場を撮って自動帰還 宇宙機構が開発  11月18日(日)7時58分配信 宇宙機構が開発した災害用小型ロボット飛行機=17日、北海道大樹町の宇宙機構大樹航空宇宙実験場  災害現場まで自動操縦で飛んでいき、様子を撮影して帰ってくる――。そんな小型ロボット飛行機の開発に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が成功し、北海道大樹町の実験場で17日発表した。誰でも簡単に操作できるのが特徴という。(Yahoo!ニュースより)



ロボ飛行機、災害現場を撮って自動帰還 宇宙機構が開発についてじっくり読んだことはありませんでしたが、私にとってはチェックすべきことがありました。

長い間パソコンに向かってると腕が疲れてくるのは、椅子や机の高さが合っていないからでしょうか?ライティングは、わりといい感じと思うのですが。

有名人のアンチエイジング 崇城大学電子図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/3201

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年11月19日 22:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「浩二監督、イチローのWBC辞退を覚悟についての考察」です。

次のブログ記事は「全国高校選手権組み合わせ 初戦いきなり四中工VS桐光学園の解説」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja