「東・西日本、寒い冬=日本海側の雪多め―気象庁」とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
目覚めた瞬間にアイデアが浮かんでくることがありますが、メモしようとしているうちに消えてしまいます。こんなことってありますか?

いつも思うのですが、地震が来たとき、携帯のアラートが鳴らないことが多いですよね。やはり予報の察知よりも地震の発生スピードが速いからでしょうか?

ところで、今日ちょっと目についたのは、東・西日本、寒い冬=日本海側の雪多め―気象庁についての話題です。いろいろと取沙汰されていますので、ついつい見てしまいます。

東・西日本、寒い冬=日本海側の雪多め―気象庁

東西日本、寒い冬=日本海側の雪多め―気象庁  11月22日(木)15時31分配信 気象庁は22日、冬(12月〜来年2月)の3カ月予報を発表した。北日本(北海道と東北)では12月はやや暖かく、来年1、2月は平年並み。東西日本と沖縄奄美では12月と1月は平年より寒く、2月もやや寒い。日本海側の降雪量は北日本は平年並みだが、東西日本は多めの見込み。エルニーニョ現象が秋に終わったほか、偏西風が南側に蛇行して日本に寒気が入りやすくなり、アリューシャン低気圧が平年より強くなるという。(Yahoo!ニュースより)



これって、けっこう興味深いニュースですね。感想を述べるのは難しいん気がしますが。東・西日本、寒い冬=日本海側の雪多め―気象庁については、しばらくの間、気になるような気がします。

さて、これから仕事再開です。効率よく仕事を終えて一杯やりたいです(笑)。

静岡産業大学図書館 神戸山手大学・神戸山手女子短期大学図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/3263

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年11月23日 22:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「”クレーム騒動”話題のさかもと未明、機内での違反行為について謝罪……警察に出頭していたに関する事柄」です。

次のブログ記事は「ブラジル、メネゼス監督を解任の真相は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja