羽生「地元で安心できた」/フィギュアを読み解く

| コメント(0) | トラックバック(0)
何十年ぶりに合った人に、当時から気になっていたことなどを尋ねると、意外となんでもなかったことがわかったりします。自分だけが思い込みで気にしていることがあるようです。そんなことがクリアになると、何か心の中を掃除した気分になります(笑)。

映画のシナリオって、書くときに観客の心理を計算しているそうです。例えば開始後10分以内に衝撃的なことが起こる・・・終わる20分前に大どんでん返しがある、など。でも、現実の生活の方がもっと衝撃的な展開をすることもありますよね。

羽生「地元で安心できた」/フィギュアについてはいろいろ意見があるかもしれません。皆さんはどうでしょうか?

羽生「地元で安心できた」/フィギュア

羽生「地元で安心できた」/フィギュア  11月24日(土)20時19分配信 男子フリーで演技を終え、苦笑いする羽生(撮影井上学) <フィギュアスケート:グランプリシリーズ第6戦NHK杯>◇24日◇宮城県セキスイハイムスーパーアリーナ昨季世界選手権銅メダルの羽生結弦(17=東北高)が、地元の宮城県で完全優勝を果たした。SP1位から、フリーでも1位の16571点で滑り、総合26103点でGP通算2勝目を挙げた。(Yahoo!ニュースより)



ということで、チェックすべき情報ではないでしょうか。もう少し事の成り行きを見て見たいと思います。

最近映画館に行っていません。最近は音響も座席も、昔とは比べ物にならないほどいい劇場があるので、ともすると座席で眠ってしまいそうですが(笑)、やはり映画は大画面で見たいものです。

釧路公立大学附属図書館 志學館大学図書館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/3283

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年11月25日 07:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブラジル、メネゼス監督を解任の真相は?」です。

次のブログ記事は「人間よりも「科学の目」? 「若きモナリザ」の真贋めぐり美術界で脚光の解読」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja