<敦賀原発>規制委が破砕帯調査 活断層なら廃炉の可能性の研究

| コメント(0) | トラックバック(0)
混雑した急行電車に乗るのと空いている各駅停車に載るのと、皆さんどちらを選びますか。私はなるべく後者です。

以前聞いたことがあるんですが、人はこれまでの経験のほとんどを記憶しているとか。「思い出せない」というのは、「その記憶を引き出すきっかけがつかめないから」だそうです。自由に記憶を引き出せたら便利なことがあるかもしれませんね。

皆さんは<敦賀原発>規制委が破砕帯調査 活断層なら廃炉の可能性のことを詳しく知っていますか?ちょっと読んでみると意外と興味を持つかもしれませんね。

<敦賀原発>規制委が破砕帯調査 活断層なら廃炉の可能性

<敦賀原発>規制委が破砕帯調査活断層なら廃炉濃厚  12月1日(土)10時44分配信 敦賀原発にある破砕帯(断層)と規制委の調査地点  原子力規制委員会は1日、日本原子力発電敦賀原発(福井県敦賀市)の原子炉建屋直下にある断層(破砕帯)が活断層かどうか現地調査を始めた。調査は2日も行われる予定で、結果は10日に東京都内で開く会合で評価する。国は活断層の真上に重要施設を建てることを認めていないため、活断層と判断されれば、廃炉に追い込まれる可能性が濃厚だ。(Yahoo!ニュースより)



とまあこういうことみたいですが、<敦賀原発>規制委が破砕帯調査 活断層なら廃炉の可能性についてはまた改めてチェックしてみたいと思います。

今日はこれで仕事を切り上げようと思います。目が疲れました。。。皆さんもPCにかじりついている方はたまに運動して下さいね!

情報科学芸術大学院大学附属図書館 滋賀大学附属図書館教育学部分館 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coda.s163.coreserver.jp/mtos4/mt-tb.cgi/3375

コメントする

このブログ記事について

このページは、codaが2012年12月 1日 22:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「手をこまねいて死を待つ感じ」 原発事故会議映像開示」です。

次のブログ記事は「<米司令官>酒類提供店へは「ペアで」片方は「監視役」の解読」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja